近年、超高齢社会が大きな問題になっています。​

​国は認知症を発症した人に対して「後見人制度」を

​採用しています。

​これは、自発的な意思の疎通ができなくなった

​認知症患者の代わりに、

​財産管理や医療、

支援を行う制度です。

介護の

​しかしこの後見人制度は、利用者を守ること

​負担が大きい

ができる反面、

​後見人に対する

​という現実があります。

​特に葬儀を中心とした「死後事務」に関しては、

​本来後見人の担当ではないのですが、

​職務の特性上

​なって

​います。

関わらざるを得ない状況と

​本来であれば追加で死後事務委任契約を結ぶことが一番いいのですが、

​費用面や専門職を探すことが

お悩みの方も多いかもしれません。

難しく、

そこで、ラ・プリエールではそんな後見人の方たちにお役に立てないかと

​様々なサポートを行っており

ます。