時代の流れと新しい価値観


こんにちは。

新潟のラ・プリエールです。

先日、テレビ東京で放送している「ガイアの夜明け」という番組でエンディングに関わるテーマがとりあげられていました。

内容としましては大きく2部構成となっておりまして、前半は故人様の供養に悩まれるご遺族様、後半は故人様を見送る喪主様にスポットが当てられていました。

供養に悩まれるご遺族様は、お墓の価格が高額過ぎて購入できないというものでした。

結果としてその方は合祀(ごうし)を選択され、一部分骨したものをご自宅に安置され、手元供養として弔われていました。

お墓の建立(こんりゅう)は、どうしても高額になってしまいます。

金銭的な問題や、お墓に高額なお金を支払うことに価値を見い出すことができないことを要因として、現在はお墓を建立されない方が増えております。

その結果手元供養という考え方が生まれ、多くの方の共感を集め定着してきています。




上記の商品は、私たちで取り扱いをさせていただいている手元供養品の一部になります。

いつも故人様を身近に感じられるという点も共感をあつめる理由となっている気がします。

後半は、ご自宅でお葬式を行ういわゆる「自宅葬」がとりあげられていました。

式場で行う内容の決まったお葬式ではなく、より故人様やご遺族様に寄り添った、まさしくオーダーメイドのお葬式でした。

形式にとらわれず、想いのこもったとても素敵なお葬式でした。

自宅葬というと一昔前の大掛かりなものを想像しがちですが、今の自宅葬は6畳程の広さがあれば十分に可能です。

在宅ケアや在宅医療が普及してきている現在においても、今後需要が増える様式のお葬式だと思います。

今ご紹介させていただいた手元供養と自宅葬は、私たちラ・プリエールでも独自の商品とプランをご用意させていただいております。

まだ定着していない新しい価値観のため、興味はあってもいろいろな疑問を持たれている方も多いかと思います。

そんな方は、是非一度私たちにご相談ください。

いろいろな観点からそれぞれの方に最も合ったご提案をさせていただきます。

ラ・プリエールは新潟のエンディングシーンに新しい価値観を提供し続けてまいります。

今回取り上げさせていただいた番組をご覧になられたい方に、オンデマンドのリンクを貼らせていただきます。

興味のある方はご覧になってみてください。

www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20180206.html


8回の閲覧

小さくて温かいご葬儀とご供養の店 

La priere  ~ラ・プリエール~

〒951-8061 新潟市中央区西堀通6番町885番地

各種ご相談お問合せ、事前相談等、いつでもお気軽にご相談下さい。

「エンディングライフをもっと身近に。」​

ラ・プリエールは、エンディングの最初から最後までを一貫してサポートをさせていただきます。

© La priere. All  Rights Reserved.