葬儀業界の現実


こんにちは。

新潟のラ・プリエールです。

おかげさまで先週ようやくサロンをオープンさせていただき、たくさんの方にお越しいただいております。

お葬式というイメージを極力感じないようにしたかったため

エントランスやショーウインドウは敢えてシンプルにしたのですが、

逆に考え過ぎていたようで

「何のお店か分からなかった」

といったお声をたくさんいただいております。

早速対応させていただき、今日ショーウインドウに立看板を設置させていただきました。

驚いたことに、設置後にすぐに足を止めてくださる方々がおられ、興味を持っていただきました。

皆様から貴重なご意見をいただき、感謝しております。

ご来場いただいた方は多くの方がこのブログやFacebookをご覧になっていただいた方なのですが、

今日は数日前にお越しいたある方のお話をさせてください。

その方はご年配の方で、サロンの外から中の様子をご覧になっておられました。

興味を持っていらっしゃる様子でしたのでお声掛けさせていただいたのですが、

最初はご遠慮いただきそのまま立ち去られました。

しかしその後1時間ほどしてから再度お越しいただき、サロンの中を見せてほしいとのことで、ご案内させていただきました。

ラ・プリエールのコンセプトであるエコフィンや手元供養を一通りご紹介させていただきました。

私たちの提案させていただく価値観にとても感心してくださり、ご意見を聞かせていただきました。

驚くことに、その方は長年新潟で最も檀家の多い宗派の総代(檀家の長)を務められてこられた方でした。

その方は、何も分からずにいろいろとご紹介させていただいて恐縮する私たちに

「いろいろ勉強させてもらってありがとう」

と仰いました。

その後は長年総代を務められて、間近でお寺様や檀家様のおかれている現状を見てこられた方だからこそお伺いできるお話を聞かせていただきました。

これまでのようなお葬式の需要が減っていること

お寺様への檀家料やお布施に価値を見出だせない方が増え、

離檀されたり墓じまいをされる方々が増えていること

そして、

その現状は葬儀業界側から消費者様への歩み寄りが足りなかったからだと仰っておられました。

過剰な装飾はいらない

礼服でなく平服で充分

お葬式は小規模で十分

業界の中でも私たちと真逆の立場に立っておられる方からこのようなお話が聞かせていただけるとは思っていませんでした。

とても気さくな方で、新しいものへの先入観や偏見もまったくない方でした。

これからこまめにお立ち寄りいただけるとのことで、

いろいろと勉強させていただけそうでとてもありがたいご縁をいただきました。

今回のことで感じたことは、

業界の中で立場は違えど、考えている方向性は同じなのだということです。

それは、何よりも業界と消費者様のことを一番に考えている者同士だからこそ感じられたことなのかもしれません。

案外、業界の中心におられる方たちこそこれからの業界の行く末を心配されておられるのかもしれませんね。

私たちも業界の一端を担う立場としていろいろな方たちからたくさん勉強をさせていただき、

皆さまのお役に立てるようがんばってまいります。

今回もまたとても素敵なご縁をいただきました。



11回の閲覧

最新記事

すべて表示

7.安心できるおいじたく

こんにちは。 小さくて温かいご葬儀とご供養の店 ラ・プリエールです。 これまで大きく6つのテーマに分けてお伝えさせていただいてきたわけですが、いかがでしたでしょうか。 もともと知らないだらけのことだと思うので、多くのことが新鮮だったかもしれませんが、 僕が伝えたいことは、一番最初にお伝えさせていただいた 「お葬式は命のコミュニケーション」 だということです。 慣習とか、決まり事とか、宗教とか全然関

小さくて温かいご葬儀とご供養の店 

La priere  ~ラ・プリエール~

〒951-8061 新潟市中央区西堀通6番町885番地

各種ご相談お問合せ、事前相談等、いつでもお気軽にご相談下さい。

「エンディングライフをもっと身近に。」​

ラ・プリエールは、エンディングの最初から最後までを一貫してサポートをさせていただきます。

© La priere. All  Rights Reserved.