ラ・プリエールのお葬式①



私たちは「家族葬」というものの中でも、より故人様とご遺族様のご意向に沿ったご葬儀を心がけております。

ありがたいことに今回もご遺族様の許可をいただくことができましたので、先日のご葬儀を少しだけ紹介させていただきます。

今回のご葬儀もお寺様をお呼びしての仏式でしたが、ご遺族様の希望もあり、可能な限り故人様のお好きだったもので演出をさせていただきました。

故人様はヴァイオリンがお好きで、実際に趣味で弾かれていたお話をお聞きしました。

旅立ちの直前までお好きだったヴァイオリンの音色をお聴きいただきたいとの思いで、 今回のBGMはクラシックの名曲をヴァイオリンで奏でたものを流させていただきました。

また、ブルーがお好きだったとのことでしたので、お花、ディスプレイ、メモリアルフォトなど、空間全体にブルーをあしらったコーディネートをさせていただきました。 お迎えにあがった時点では仏衣を召されていたのですが、納棺の際には喪主様よりお預かりしたお気に入りの1着にお召し替えをさせていただき、ご遺族様がお一人ずつお花を手向けました。 納棺師のお化粧によって生前と変わらないお姿に戻られたようで、ご遺族様のお一人が、「〇〇さんそのままだねー」と、笑顔で言ってくださったのがとても嬉しかったです。

今回は1日葬でのお式でしたので、その前日が納棺の儀だったわけですが、 驚いたのは、納棺の儀であっても10人以上の方々がお立ち会いくださったことです。 故人様が皆様にとても愛されていたことを感じることができました。

納棺の後は皆様で、時間にして2~3時間でしょうか、故人様の棺の周りでいろいろとお話をされていました。 本来であれば納棺の儀でお集まりいただいたため、納棺が終わり次第お帰りいただくのが普通なのですが、 私たちはそんなご遺族様を見て、心ゆくまでお話いただきたいと思い、あえてそのままお時間をお過ごしいただきました。 もちろん、追加料金などは一切ございません。 1日葬でありながら、通夜式を行った場合と同じくらいのお時間をお過ごしいただけたのではないでしょうか。

今回のお斉(おとき)は、喪主様のご希望もあり「燕三条Bit」様にて行わせていただきま

した。


事前にお願いして、故人様がお好きだったラーメンとフルーツをコースの中にサプライズで取り入れていただきました。 突然のお願いにも関わらずご対応いただいたBit様に感謝しております。 喪主様にも、「お式もお食事も、考えていたよりもずっとゆっくりお別れができました」とのお声をいただくことができました。

ゆっくりと心を込めてお送りできたことがとても嬉しかったそうです。

私たちは、 豪華な葬儀だったから 会葬者様が多かったから いいお葬式だとは考えておりません。 小規模であっても 近親者だけでも より心を込められることが一番大切なことだと考えております。 そしてもう一点大切なことは、 小規模でリーズナブルであっても品質が下がることがあってはならないということです。 小規模だからこそ、オーダーメイドに。 小規模だからこそ、プレミアムに。 私たちラ・プリエールは、 家族葬という言葉の持つ本来の意味を見失うことなく、 常に皆さまのご要望に合わせたオーダーメイドのご葬儀を提供させていただきます。


16回の閲覧

最新記事

すべて表示

7.安心できるおいじたく

こんにちは。 小さくて温かいご葬儀とご供養の店 ラ・プリエールです。 これまで大きく6つのテーマに分けてお伝えさせていただいてきたわけですが、いかがでしたでしょうか。 もともと知らないだらけのことだと思うので、多くのことが新鮮だったかもしれませんが、 僕が伝えたいことは、一番最初にお伝えさせていただいた 「お葬式は命のコミュニケーション」 だということです。 慣習とか、決まり事とか、宗教とか全然関

小さくて温かいご葬儀とご供養の店 

La priere  ~ラ・プリエール~

〒951-8061 新潟市中央区西堀通6番町885番地

各種ご相談お問合せ、事前相談等、いつでもお気軽にご相談下さい。

「エンディングライフをもっと身近に。」​

ラ・プリエールは、エンディングの最初から最後までを一貫してサポートをさせていただきます。

© La priere. All  Rights Reserved.